こんにちは。ジュエリー作家のYuca Moritaです。
毎日大雨が続いてますね。
しかも豪雨。畑の野菜が心配です。
降り方が尋常じゃなくて気がかりです。
被害に合われた方は大変です。お悔やみ申し上げます。

私は頭痛持ちなので、けっこう大変です。
コーヒー飲んだり、ヨガして血流よくしたり。
それでもダメな時はダメなので、寝るしかないのですが。
片頭痛の対策でいい方法があれば教えてください!

今回もオーダーメイド作品のご紹介です!

月と星の透かしリング

 

月と星のリング

月と星の透かしリング
K18・ダイヤモンド

 

月と星のリング側面

リング側面

お姉さまから、妹さんへの誕生日プレゼントのご依頼。
デザインは妹さんと相談しました。
月と星をテーマに、1㎝幅くらい、透かしのデザイン。妹さんはお姉さんのお仕事手伝ったり、仲良し美人姉妹なのです。うらやましい!

リング制作風景

 

月と星のリングライブデザイン

3点くらい考えて、さらにこちらからデザインを詰めました。
糸鋸で作業できる限界もあり、ここから整理整頓。
月と星をもう少し明確に。
月ってやっぱり満月より三日月の方が分かりやすんですよね。

貴重なオーダーなので、制作は慎重に。
真鍮で原型制作。原型作って象りする作戦でいきます。

リング制作中

この原型切り抜くのに、実は3回やり直しました。
正直、糸鋸スキル上がりましたわ!
何回やっても失敗するので、糸鋸の太さを極細に変更。
普段4/0から6/0へ。念のため8/0も購入。
これが、高いしやっぱりすぐ折れる!
緊張して慎重に使ってみました。

これが超ーーーー!使いやすい!!
もっと早く使えばよかった。すごい行き詰ってたところが解消されました。
スキルの問題かしら…と悩んでいたけど、ある程度行き詰ったら道具を見直すのはありですね。
適材適所に道具を変えるのも大事。

あと、この作品を境に、ちゃんと設計図をパソコンで描くことにしました。
手描き図面やめました。
失敗ごとに毎回描きなおすのも面倒だし。設計図描くのは面倒だけど、1回出来たら何回も印刷できるのはいいところ。
成形段階で合わない・・・??なんてことも減りました。

月星リング制作2

真鍮で原型完成!
月を立体的にして主役にしました。
一回原型作る方が手間はかかるけど、心の安心は買えますw

象りして、K18で鋳造して仕上げです。

まとめ

今回慎重に進めてわかったこと。
あらためて、一つ一つの工程を進める大事さを学びました。
「めんどくさい…」
この気持ちが出た時に、しっかりあとで見直しさせられます。
なんなら、余計に時間がかかる。

ちょっとくらい…
めんどくさい…

この気持ちに素材はしっかり正直に答えてきます。
いやいや正直すぎるやろってくらい答えます。
今後とも、この正直者たちと正面から向き合っていきます!

おしまい