いろんな大規模なイベントが中止になっておりますね。
ジュエリー作家のYuca Moritaです。
ウイルスが起こす経済的打撃に脅威を感じずにはいられません。
そして、ワタクシ本日誕生日を迎えました!!おめでとう、ワタシ!!
今年もいい一年にするぞ!
今回はYuca Moritaが考えるジュエリーの役割をお話してみようと思います。
その前に、制作途中のリメイクオーダー

ここまで整いました♪
糸鋸技の方が得意なもんで、途中何回バキバキ折ったことかw
まぁ、あとはキャスト屋さんに鋳造してもらってから頑張りましょう。
まもなく完成です!
今回は私が考えるジュエリーの役割についてお話してみます。

 

その1「貴女の誓いの証」

 

Yuca Moritaでは、貴女のお話をじっくり聞いて、そのお話からモクモクとイメージを膨らましてご提案しています。
女性の人生には様々なステージがあります。
その節目のたびに、ふと立ち止まったことはあるのではないでしょうか?
何かを始めたい、これが好き、何かを見つけたい・・・
そんな自分のための「何か」を、または信条や新年を、実は皆様が探していると思います。
貴女のお話からそれが見えたとき、そのイメージをイラストで形にします。
貴女の今大切にしたい「証」を忙しい日常の中で忘れないように。
肌身離さず着けてい続けられる。
そしていつか心に刻まれるように。
それがオーダーメイドジュエリーです。

 

その2「貴女のスポットライト」

貴女のイメージから生まれた1点もののジュエリーは、もちろん不思議なくらい貴女にぴったりと馴染みます。
そして、驚くのは、それを身に着けた瞬間、お客様は皆様数段お顔が明るく輝き出します。
生き生きするし、女性らしさが中から溢れてくる感じがします。
まるでスポットライトがパッと当たったように輝きます。
私がこの仕事を始めて一番大好きな瞬間です。
そして、いつしかそのスポットライトは、あたかも昔から当然そこにあるように貴女の生活に馴染み不可欠なものになっていきます。

 

その3「貴女の演出家」

美しいジュエリーは、貴女の仕草まで美しくしてくれます。
指輪をしていると、指先までの動きを意識したり、耳元を飾るとメイクや髪形まで意識してみたり、ネックレスを着けると服装まで意識します。
メイク、ファッション、仕草は外見の美しさですが、美しくしたいと思うことは女性の本能だと思います。
もし、忙しい日常の中で、貴女がそのことを忘れていたなら、ちょっと鏡をみたときにその本能が目覚めてて来るかもしれません。
そうやって少しずつオーダーメイドジュエリーが貴女の日常に馴染んでいきます。

 

その4「思いが繋がる」

もうずっと昔から、ジュエリーは特別な贈り物。実際、宝石や地金は財産になる価値のあるものです。
そんなジュエリーが母から子へとずっと受け継がれる。
それも素敵なストーリーですね。
大切な宝石や地金を、今の貴女にピッタリあうものにリメイクできるのもジュエリーの素敵なところ。
思いをずっと受け継いでいくなんて、本当に素敵ですね。

 

まとめ

貴女がどんどん進化するように、いつも身に着けるジュエリーだって変わっていいと思います。最初にえいっ!っというほど勢いが必要だったオーダーメイドの逸品も、だんだん傍にあるのが当然になっていきます。
そして、次の目標が見えた時、またその時ピッタリのジュエリーを作って一緒に進化していければいいと願っております。

オーダーメイドジュエリーって、女性の人生に寄り添うジュエリーです。

おしまい